向井亜紀夫妻の出生届、不受理が確定・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向井亜紀夫妻の出生届、不受理が確定


 タレントの向井亜紀さん(42)と元プロレスラーの高田延彦さん(44)夫妻が、米国での代理出産でもうけた双子(3)について、最高裁第2小法廷の古田佑紀裁判長は23日、「子を懐胎・出産していない女性との間には、その女性が卵子を提供した場合でも、母子関係の成立は認められない」との初判断を示した。

心情的には認めてほしいですが・・・
 その上で、出生届の受理を命じた東京高裁決定を不服として東京都品川区が申し立てていた許可抗告を認める決定をした。出生届の不受理処分が確定し、法律上は夫妻と双子の間で実親子関係がないことになった。

 決定は4人の裁判官全員一致の多数意見。

 決定理由で古田裁判長は「民法が実親子関係を認めていないのに、その成立を認める内容の外国裁判所の裁判は、公の秩序に反するものとしてわが国で効力を有しない」との初判断も示した。

 その上で、代理出産について「遺伝的なつながりのある子を持ちたいとする真摯(しんし)な希望や、他の女性に出産を依頼することについての社会一般の倫理的感情を踏まえ、医療法制、親子法制の両面にわたる検討が必要。立法による速やかな対応が強く望まれる」と、国に対して異例の要望をした。

 向井さんはがんで子宮を摘出後、米国人女性に代理出産を依頼し平成15年11月に男児の双子が生まれた。出生地となった米国ネバダ州は、同州の裁判命令を踏まえ、双子を向井さん夫妻の子供とする出生証明書を発行。

 向井さん夫妻は帰国後、品川区に出生届を提出したが不受理となり、処分取り消しを東京家裁に申し立てたが却下され、夫妻は東京高裁に即時抗告。同高裁は18年9月の決定で「公序良俗に反するケースではなく、子の福祉を優先すべき」と判断、品川区に出生届の受理を命じたため品川区が許可抗告した。

 向井さん夫妻の双子は米国籍のパスポートを所有。「保護者同居人が日本人である」との在留資格を得て生活している。

これは難しい問題ではありますが、認めてもらいたかったですね。
こういったケースがもっと増えないと、解決しない問題なのではないかと思います。

(引用:iza!
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。