「マイはし」でコンビニ弁当を ローソンが運動・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マイはし」でコンビニ弁当を ローソンが運動


 コンビニエンスストアチェーン大手のローソンは19日、割りばしの消費量削減につなげようと、「自分用はし」の携帯を促す運動を4月から始めると発表した。高級木材を使った特製はしを制作し、会員カードで一定のポイントをためた客にプレゼントする。将来的には店頭販売も検討し、ローソンで年間5億膳(ぜん)が消費されている割りばしの20%削減を目指す。

弁当のよく出るコンビニで割り箸は必須ですから、これはかなり削減になるのではないでしょうか・・・
 同業のミニストップも4月、「マイはし」の店頭販売を始め、買い物客に利用を勧める。割りばしは国内で年間約260億膳が使われており、業界大手が運動に相次いで取り組むことで、消費量の削減効果が期待されそうだ。

 ローソンの特製はしの原材料には、野球バット向けの高級木材として知られる「アオダモ」を用いた。プロ野球選手にバットを供給しているミズノテクニクスと協力し、同社の製造過程で「バットに不適格」として廃棄されているアオダモを再利用する。

 運動の啓蒙(けいもう)キャラクターには、日本プロ野球選手会長で東京ヤクルトスワローズの宮本慎也選手が買って出た。特製はしは、100円で1ポイントたまる会員カードで1800ポイントに達した客3000人に贈呈。応募状況をみて、店頭販売も検討する。

間伐材を使用する場合もありますが、割り箸を削減するのはとても良いことですので、マイ箸、これからもっと広まってほしいと思います。

(引用:iza!産経新聞
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。