「歌声喫茶」再現イベントで130人が熱唱・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歌声喫茶」再現イベントで130人が熱唱


 労働運動や学生運動が盛んだった1950~60年代に流行した、歌声喫茶を再現するイベントが21日、福岡市中央区のホールで開かれた。50代、60代を中心とする約130人がロシア民謡「カチューシャ」などを歌い、懐かしい雰囲気を楽しんだ。

歌声喫茶は昔はよくあったそうですね・・・
 歌の流れを先導するグループリーダーが曲目を告げて演奏が始まると、歌集を手にした参加者が声を合わせて十数曲を熱唱。飛び入りでステージに上がって歌う女性たちの姿もみられた。
 最初は恥ずかしそうに小さな声で歌う人が多かったが、最後の「見上げてごらん夜の星を」では総立ちになり、大きな歌声が響き渡った。
 日本音楽家ユニオン九州地方本部の関原弘二代表は「猛烈に働いてきた世代に音楽を楽しんでもらおうと、世代のシンボルだった歌声喫茶を企画した」と狙いを話す。
 参加した福岡市東区の主婦、菊地利通子さん(63)は「若いころに一度は行ってみたかったが、20歳で結婚したので無理だった。みんなで声を一つに歌うのは素晴らしい体験。はまりました」と笑顔で話した。

今はカラオケがありますが、昔のカラオケという感じでしょうか。
楽しそうではありますね。

(引用:iza!産経新聞
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。