<レンブラント>大阪で発見の真作絵画、下にキリスト像・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<レンブラント>大阪で発見の真作絵画、下にキリスト像


 大阪市内で発見されたオランダの巨匠・レンブラント(1606~69年)の真作である可能性が指摘されている「黄金の兜の男」という作品の下に、キリストとみられる人物像が描かれていたことが、新たに分かった。

作品の下に、ということは書き直しているということ、真作の可能性が高くなるということでしょうか・・・
 暗視カメラによる観察で判明したもので、制作段階で構図を変更した「ペンティメント」(描き直し)らしい。

今はさすがにいろんな技術があるのですね。
しかしこの作品が真作だとしたら、国際的にも大ニュースになりますね。

真作であるなら嬉しいニュースです。

(引用:Yahoo!ニュース
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。