新庄さんが145キロ始球式・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新庄さんが145キロ始球式


 2006年に現役引退した元日本ハムの新庄剛志さん(36)が18日、ソフトバンク・日本ハム戦(ヤフーD)の始球式を務めた。16年に東京五輪開催を目指す招致委員会のイベントの一環で、引退後初めてグラウンドに登場。顔写真入りのソフトバンクのユニホームに、06年にゴールデングラブ賞の記念品として贈られた金色のグラブを手にマウンドに立った。

新庄選手は、やはり野球場が合いますね・・・
 日本ハム・森本との1打席真剣勝負では、初球で145キロをマークするなど5球で遊ゴロに仕留めた。大役を終え、ボールを右翼席に投げ込むと、グラブまでファンにプレゼントする大サービスだ。充電期間を終えた新庄さんは、自ら会社を設立。イベント企画や商品プロデュースなどを行っていく予定で、「僕はプロ野球選手にはならないので」と現役復帰を否定。「沖縄に球団を作りたい」などと夢プランをぶち上げた。

 新庄さんの“ゴールデングラブ”をゲットしたのは、北九州市戸畑区に住む43歳の主婦。投げ込まれたときに激しい争奪戦になり、最後はジャンケンを制して手にした。「もうビックリです。ほんとうれしいけれど…」周囲から羨望(せんぼう)のまなざしで注目され、ビクビクしながら「名前は勘弁してください」と、うれしさのあまり顔をひきつらせていた。

ゴールデングラブをあげてしまうとは、なんとも太っ腹ですね。

しかもあげた相手はじゃんけんで、ということですから、本当に運だけでゲットされて、かなりの運ではないでしょうか。

周囲から羨望のまなざしなのも理解できます。

私も欲しい・・・

(引用:ライブドアニュース
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。