シルベスター・スタローンと綾瀬はるか・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルベスター・スタローンと綾瀬はるか


 米俳優のシルベスター・スタローンが8日、東京・六本木ヒルズアリーナ行われた、主演映画「ランボー 最後の戦場」(5月24日公開、ギャガ・コミュニケーションズ)のプレミアイベントに出席した。

ランボー、今やるというのがすごいですね・・・
共演のジュリー・ベンツ、グラハム・マクタビッシュのほか、サプライズゲストとして、女優の綾瀬はるかが登場し、スタローンと拳を交える場面も見られた。

 スタローンは、高さ約5メートルの炎が舞い上がる中、迷彩色のハマーで登場し、観客の度肝を抜いた。会場には、熱狂的なファンが多数駆けつけ、ランボーのコスプレをした男性や、スタローンに向かって「アイラブユー」と絶叫し、涙を流す女性の姿も見られた。

 スタローンは、作品について「これまで作ったアクションの中で最もタフな映画。こんな映画は二度と見られないでしょう」とPRした。          

 映画「僕の彼女はサイボーグ」(5月31日公開)で“最強”のサイボーグ役を演じている綾瀬はるかが、サプライズゲストとして登場。“人間最強”のスタローンから、ファイティングポーズを伝授される場面も見られた。スタローンは、綾瀬のファイティングポーズを見て、「すごく強そうなので、彼女と戦うのは遠慮します」と話し、会場を沸かせた。

 スタローンにポーズを褒められた綾瀬は、「百人力です」を言い間違えたのか、「ヒャクリキマンです」と謎の発言をして、笑いを誘っていた。

シルベスタースタローンも、もうかなりの年齢になってしまっていますから、アクションはかなりキツかったのではないでしょうか?

しかし熱狂的なファンというのは、どこにでもいるものですね。

熱狂的なファンの方々の行動というのは、時にいきすぎることもありますが、そういう人がいるからこそ、芸能人はやっていけるのではないでしょうか。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。