世界のナベアツ写真集発売・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のナベアツ写真集発売


 大ブレーク中のお笑い芸人、世界のナベアツ(38)が、初の写真集を発売することが4月30日、分かった。タイトルは「3の倍数と3がつくページだけアホになります」(ワニブックス、1000円、6月13日発売予定)で、爆笑ネタをオールカラーで収録。

世界のナベアツ、本当に大ブレークですね・・・
ページをめくるたび、渾身のアホ顔が続く。詳細は明らかになっていないが、96ページ中、約40ページのアホ顔が拝めるという。ファン垂涎の“オモロー”な1冊になりそうだ。

 「どこ見てんねん!」と突っ込みたくなるほど、あらぬ方向へ剥いた白目に、思いっきりブサイクに開いた口。もはやピカソの芸術を超えた!?世界のアホ顔が、初の写真集となって“永久保存”される。

 3月の企画から6月の発売までわずか「さぁん!カ月」。異例のスピード出版が今年のブレーク度ピカイチ芸人の実力を物語っている。

 サンケイスポーツのインタビューに応じたナベアツは、「正直、最初は売れない気がして、会社がうんと言わへんやろって思ったんですが」と気弱に語ったが、財布のひもが固い吉本興業が企画書を出したその日にゴーサイン。まさに世間のニーズに応えた格好だ。

 「僕のアホ顔は30年培ってきたものなんです。小さいころから鏡でずっと練習してきました」。 努力は年月だけじゃない。なんと、衣装のグレーのスーツはオーダーメードで12万円。「世界のナベアツですから、ゴージャスじゃないと」。昨年、ナベアツキャラを考案した時から衣装にもこだわってきた。「4月にやっと2着目を買えました。それまではクリーニングにも出せず、汗くさくて大変でした」と涙の苦労話を明かした。

 「普通、お笑いはDVDを先に出すけど、あえて写真集というのが気に入ってます」と相好を崩すには理由がある。芸歴17年、アホ歴30年の集大成本は、数字のカウント以外、写真ページに文字を載せず、顔で勝負。その分、巻末に全写真の解説をナベアツ本人が執筆する。たとえば、桜のきれいな公園で俳優、舘ひろし顔負けの渋い表情を見せる1枚は「大物の外タレがラスベガスから来日して、『ああ、ここが日本か』という表情です」と構成作家ならではのストーリー性も重視。

 「内容はまだ秘密ですが、もし僕に子供がおったら『おまえの父ちゃんなんや』って学校でいじめられるような1枚もあります。俺、一線を越えてしもうたなぁって」。撮影はカメラマンの河村正和氏。

 どん引きか大ウケかのお楽しみカットもある。世界のオモローフェイスに爆笑間違いなしだ。

アホ顔も30年ですか(笑)

世界のナベアツ、少し笑いのポイントが他の人と違い、上手くズレたおもしろさがありますね。

それだけにそのおもしろさがよくわからないこともありますが、

これだけブレイクしたのは、構成作家としての経験も生かされているのでしょうね。

これからの「世界のナベアツ」にも大いに期待です。

(引用:iza!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。