井上康生、正式に引退表明・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上康生、正式に引退表明


 2000年シドニー五輪柔道の金メダリストで、北京五輪代表を逃した井上康生(29)が2日、所属する東京都港区の綜合警備保障本社で記者会見し、引退を表明した。

引退は残念ですが仕方ないですね・・・
 井上は「わが柔道人生に悔いはなしという気持ち。柔道家として、井上康生として皆さんに愛され、友人、家族らに支えられて本当に幸せ者だったと思う」と話した。
 井上は1996年、17歳で全日本選手権に初出場し、シドニーでは100キロ級で金メダルを獲得。01年から全日本選手権を3連覇。世界選手権も1999年からV3で、日本柔道界のエースとして活躍した。04年のアテネ五輪で敗れたことをきっかけに、100キロ超級に転向。05年1月の右胸の大けがからは再起したが苦戦が続き、4月29日の全日本選手権では準々決勝で敗れ、3大会連続五輪出場はならなかった。

 会見のやり取りは以下の通り
 
 -引退を決意した理由は

 井上康生「今年の北京五輪を柔道人生の最後にすると決めていた。最終選考会で敗れ、柔道人生に悔いははなかったので、これで辞めようと思った」

 -一番心に残る試合は

 「最初に全日本選手権で優勝したとき、世界王者に初めてなったとき、そしてやはり五輪は夢だったのでシドニーで優勝したとき。この3つです」

引退は残念ですが、逆に得意の内股が決まらず負けたということが井上康生選手にとっても良かったのかもしれませんね。

年齢的にも、次のオリンピックまではさすがに苦しいので、後の人生をゆっくり考えていってもらいたいものです。

(引用:iza!
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。