オグシオが一時“解散” 小椋腰痛で・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オグシオが一時“解散” 小椋腰痛で


 北京五輪出場が決まったバドミントン日本代表の小椋久美子(三洋電機)が、女子の国別対抗戦ユーバー杯(11~18日、インドネシア・ジャカルタ)を腰椎ねんざのため欠場することが2日、明らかになった。

これは仕方ないですね・・・
 2月の同杯アジア予選(ベトナム・ホーチミン)で発症した痛みが、約2週間前の練習中に再発。小椋は「まずは治すことを考えたい」と話した。ペアを組む潮田玲子(三洋電機)は予定通り出場するが、「オグシオ」コンビは小椋の全快まで一時“解散”となる。
 この日は北京五輪に出場する代表10人(単2人、複4組)が記者会見を行い、小椋は「悔いのない大会にしたい」、潮田は「1回戦から力を出し切るのが目標」と初の五輪への意気込みを示した。バドミントンでは初めて3大会連続出場する舛田圭太(トナミ運輸)は「過去2回は初戦敗退なので、1つでも勝ち上がりたい」と語った。

北京までもそれほど時間がないので、なんとか北京までには治してほしいですね。

この時期としては痛いですが、外から見てみるというのも良い経験なのではないでしょうか。

特に、このところマスコミが騒ぎすぎていたので、少し休むという意味でも、プラスに考えてほしいものです。

(引用:iza!
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。