三遊亭園楽、完全引退・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三遊亭園楽、完全引退


 落語家、三遊亭園楽(74)が15日、東京都中央区の銀座ブロッサム中央会館で行われた大銀座落語祭を体調不良のため休演した。平成17年に脳梗塞(こうそく)を発症した影響で今年2月25日に「ろれつが回らない」と引退表明。大銀座落語祭で1日限定の“復活”を果たす予定だったが、実現しなかった。

落語家さんですから、やはりしゃべれなければ、落語はできないでしょうね・・・
 2月25日の東京都千代田区の国立演芸場で「芝浜」を演じた際に「こんな調子ではお客さまの前でやるのは情けない」と自ら52年の噺家人生に幕を下ろした園楽。同落語祭の出演オファーにも「自信がない」と辞退する構えだったが、弟子の三遊亭楽太郎(57)らの説得で出演を承諾していた。
 しかし、脳梗塞に加え、長く腎臓を患って週3回の透析を受けるなど“満身創痍(そうい)”。同落語祭実行委員会スタッフは「体調が整うのをギリギリまで待っていましたが…。休演の連絡がありました」と残念そうに説明した。急きょ、春風亭小朝(52)、林家木久蔵(69)、林家正蔵(44)の3人が代演した。
 所属事務所は「もともと出演できるか微妙な状態だったうえ、最近、風邪をひいて話すのもままならない。今後、何かに出演することはもうないでしょう」と説明した。
 日本テレビ系「笑点」で昨年5月まで23年間、司会を務め、お茶の間の人気者だった園楽。引退宣言後も、座談会や新聞、雑誌などでは精力的な活動を続けているが、高座からは完全引退の見通し。得意の人情噺を聞くことは、もうできなくなった。

う~ん、本当に満身創痍ですね・・・
笑点でも長く活躍されたので、お茶の間の人気者的存在でもあり、もちろんきちんとした落語もできる方だったのに、惜しいといえば惜しいですが、こればかりは仕方ないですね。

顔を出すだけでも、と思わないでもないのですが、それは園楽さんの主義に反するのでしょうね。

ゆっくりと休んでいただきたいものです。

(引用:iza!
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。