FC2ブログ
東国原知事自民宮崎県連大会でリップサービスたっぷり・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原知事自民宮崎県連大会でリップサービスたっぷり


 宮崎県の東国原(ひがしこくばる)英夫知事が13日、宮崎市で開かれた自民党県連の定期大会に来賓で出席し「日本の繁栄と平和は、政権与党の自民党のご尽力によるもの」などと、自民へのほめ言葉に終始するあいさつをした。知事選で対立候補を推薦した自民党とは対立関係にあるとみられていただけに、周辺も驚くひょう変ぶり。県連の招待による出席だったが、あまりのリップサービスに自民県議らも狐につままれたような表情をみせた。

う~ん、確かにかなりのリップサービスのようですね・・・
 東国原知事はあいさつの中で「私はまだ政治家になって4カ月足らずのひよっこ」と謙そんしたうえで「日本の繁栄と平和を築き上げたのはひとえに政権与党であった自民党のご尽力によるもの」と絶賛した。

 安倍政権に対しては「首相もアンシャンレジーム(旧体制)を変えていかなければならないと言う。我々も取り組まなければならない。憲法、教育、年金、福祉などすべてが変わりつつある」と賛意を示し「宮崎は党派を超えて県民総力戦で地方間競争を勝ち抜きたい。このひよっこを、よき後輩、弟、息子として温かく見守ってほしい」と締めくくった。

 大会に出席した中川昭一・党政調会長も「『旧体制ではダメだ』という知事の言う通り」と負けずに知事を持ち上げた。

 県連によると、大会は7月の参院選に向けた事実上の決起集会で、県内地域支部役員ら約300人が出席。4月の県議選で県連会長(当時)が公選法違反容疑で逮捕されるなど、同党のイメージ低下は深刻だ。

 宮崎では自民党の県政与党が続き、歴代知事は慣例で県連大会に出席してきた。招待には、「人気者」の知事と雪解けムードを演出したいとの考えもあった。4月中旬に東国原知事に案内状を送ったが返答がなく、7日になってようやく知事側から出席の返事が届いたという。

 東国原知事は7月の参院選では「中立」を表明している。県連の後任会長に選任された前県議長の坂元裕一県議は「知事のあいさつはよかった。人気者の知事が参院選で応援してくれるかどうか分かりませんが」と、やや複雑な表情だった。

まあ、東国原知事も、今は敵をつくりたくないというところでしょうか。

石原東京都知事との件もありましたから、発言にナイーブになっているのかもしれませんね。

なんにしても、東国原知事にしたら、今この時期にあまりマイナス面を出してしまうのはよくないですからね。

まあこれから先がどうなるか、でしょうね。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。