FC2ブログ
【こぼれ話】宇宙でマラソン=女性飛行士がボストン・マラソンに“参加”・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こぼれ話】宇宙でマラソン=女性飛行士がボストン・マラソンに“参加”


 米航空宇宙局(NASA)が16日発表したところによると、同日行われたボストン・マラソンに、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の米女性飛行士スニータ・ウィリアムズさん≪41=写真≫が宇宙から参加し、4時間24分のタイムで“完走”した。

宇宙でとはいえ、4時間24分とは、なかなか好タイムですね。宇宙飛行士は体力もやはり必要なんですね・・・
 ウィリアムズ飛行士は、大会本部から与えられた14000番のゼッケンをつけて、ISS内に設置されたランニングマシンで、大会のスタートに合わせて走り出した。同飛行士が走っている間にISSは少なくとも地球を2周しており、NASAは、これを加えると同飛行士は1秒間に8キロ以上のスピードで走った計算になるしている。
 ボストンは雨まじりで強い風が吹く天候だったが、同飛行士はISS内で安定した快適な条件下で走ることができた。同飛行士は昨年のヒューストン・マラソンを3時間29分で走り、ボストン・マラソンへの参加資格を得ていた。

しかしマラソンって、景色が変わるのでまだ良いですが、同じところを走るのって、なんだか飽きてしまいそうですね。

私個人的には、マラソンは嫌いではなかったのですが、トラックをぐるぐる回るのって、途中で飽きてしまってだめでした。同じところを回ること自体がなんだか苦痛だったんですね。

宇宙からお疲れ様でした。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © とりあえずニュースです All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。