林家正蔵“脱税”で分かった各界のご祝儀の相場・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林家正蔵“脱税”で分かった各界のご祝儀の相場


 1億2000万円の申告漏れを国税局から指摘された林家正蔵(44)。正蔵“襲名”の時に受け取った祝儀を隠していた。驚くのは、そのケタ違いの額だ。1人当たり数百万円の祝儀をもらっていたという。

 各界の祝儀の相場はどうなっているのか。

全部で、ではなくて1人当たり数百万円とはすごいですね・・・
●大相撲

 かつて横綱の断髪式に参加する場合、100万円が相場だといわれたが、最近は数万円だという。横綱昇進のパーティーに呼ばれても5万円前後。祝儀ではなく会費制が多い。

「祝儀は親方と力士とで分け合うのが慣例です。とにかく相撲界は、意識してカネ払いのよい人を招くから、祝儀が5万円という人は少ない」(角界関係者)という声もある。

●落語界

 真打ちに昇進すると、贔屓(ひいき)筋は「紋付き羽織袴」などの衣装を一揃い贈るのが通例。50万~200万円はする高額なものだ。しかし、たとえ襲名式に出席しても、祝儀は10万円程度。正蔵のような高額祝儀は珍しいという。

●暴力団

「祝儀をはずむのが男気」という世界だから、世間とは相場が1ケタ違う。しかも、いくら祝儀を包んだか、同業者にすぐに伝わるから、みっともない額は出せないという。

「関東の組長の3代目就任に際し、関西の暴力団は1億円の祝儀を出したといわれています。広域暴力団の2次団体の組長襲名式の祝儀は500万円が相場です」(事情通)

●歌舞伎

 税務署がうるさいこともあって襲名祝いのパーティーも、参加費2万円の会費制が主流だ。ただ、大金持ちのタニマチがお祝いする時は、祝儀として300万円相当の“接待”をするという。

●芸能界

 歌舞伎や落語と違って、祝儀の相場は一般人とあまり変わらない。歌手の結婚披露宴に出席しても、祝儀は3万~5万円。多くても、せいぜい10万円だという。

 どの世界でもご祝儀は税務申告とは無関係の“裏金”。ゴッツァン体質は角界だけではなさそうだ。

こうしてみると、芸能界ってあまりもらえないですね。
まあその分、ギャラが他よりも高いのでしょう。

なんにしてもうらやましい話ではあります。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。