「うまし国」やっぱり三重 宮城県が謝罪・芸能エンタメ・政治経済・事件・スポーツ・アニメ特撮・海外情報など、とりあえずニュースを載せています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うまし国」やっぱり三重 宮城県が謝罪


 宮城県が採用した観光キャンペーンのキャッチフレーズに「美味(うま)し国」が含まれることに対し、以前から「美(うま)し国」を使っていた三重県が抗議していた問題で、野呂昭彦三重県知事は10日の記者会見で、村井嘉浩宮城県知事から謝罪があり、和解したことを明らかにした。

まあ、三重県も、このキャッチフレーズにかなり費用をかけているでしょうからね・・・
 村井知事は同日昼「ご迷惑をかけた」と電話で謝罪。「美味し国」を取り下げることは難しいが来年のキャンペーン終了後は三重県に配慮したいと述べた上で、これを契機に観光施策で連携できないかと提案したという。
 野呂知事は記者会見で「おわびを真摯(しんし)に受け止め、大人の対応をしたい」とし、宮城県と相談する姿勢を示した。
 野呂知事は8日の三重県知事選で再選を果たし、この日初登庁。訓示や会見でも「美し国」を多用し「本家」をアピールした。
 村井宮城県知事は、再選祝いで野呂知事に電話をかけた。

宮城県としても、ダークなイメージがついてしまうのもいけませんし、

無難な対応なのではないでしょうか。

(引用:iza!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。